ドバイのホテルでチップはどうしたらいいか? 

03.122015

この記事は3分で読めます

こんばんは。コウです。

 

ドバイでホテルに宿泊した時には、

チップは必要でしょうか?

 

観光関連の本やサイトによって、

必要とあったり、不必要とあったりするので、

少し混乱するかもしれません。

 

ドバイホテル

 

ドバイには3週間あまり滞在して、

その間ホテルを渡り歩いたので、その時の感じで書きます。

 

私は超高級ホテルから、

日本でいうビジネスホテル並みのホテル

(実際の広さやグレードは高い)まで、

いろいろと泊まったのですが、

 

いわゆるホテルチップ(枕銭)を置かなくても、

特にサービスが悪くなったとか、

もなく、何の問題もありませんでした。

 

ただ、ドバイは、日本と同じで、

元々チップ文化はなかったみたいですが、

現在は観光都市化がどんどん進み、

 

西洋のチップの習慣も入ってきたり、

ホテルやタクシーなどで働く人々の国籍も

インド人やフィリピン人など、

多様化してきて、変わってきているように思います。
なので、本来のチップの感覚で、

気持ちがいいサービスを受けた時や、

ホテルに泊まった最初の日の翌朝、

などにチップを渡して置くというのがいいかもしれません。

 

ちなみに、アメリカで同じホテルに連泊した時には

毎朝、枕銭を置いておくのが当たり前になっていますが、

 

これは日本人がアメリカに観光に

どんどん行くようになった時に

アメリカにたくさんお金を落としてもらうことを考えて

 

アメリカの観光局か何かが、

日本で広めた情報で、

現地の普通のアメリカ人は、

枕銭については、

大金持ちは別として、基本、

アメリカでホテルに連泊しても、

置かないか、チェックアウトの日の朝だけです。

 

なので、私はアメリカで連泊する時は

最初の日(保険の意味で)と、

気持ちがいいSTAYになったら、

最後の日も、枕銭としてチップを置いていきます。

 

ドバイでも、気になるなら

5ディルハム札をルームキーパー用に枕銭で

置くといいかもしれません。

 

ホテルでは、枕銭よりも、
荷物を運んでもらったポーターや

お部屋を案内してくれた担当者、

何か特別にサービスしてくれた場合

5~10ディルハム渡すといいと思います。

 

ルームキーパーの行う事はほぼ決まっていますが、

※チップがないことで、手抜きされては困りますが。

その後、何かとサービスを受けることがありうるのは

こちらのほうなので。

 

高級ホテルでサービスが徹底しているなと

感じたら、20~30ディルハムとか、

 

本来の意味合いどおり「気持ち」です。
あと、ドバイに限らず、格安のホテルパックツアーで

参加した時に、フロントに10ドル~20ドル程度ちらつかせて、

 

“If you could arrange the room,it would be nice.”

「もしあなたに部屋のアレンジが可能なら、とても嬉しいですけど」

とか、

 

“If you could arrange the ocean view room,it would be nice.”

「もしあなたに海側の部屋のアレンジが可能なら、とても嬉しいですけど」

とやると、

 

思わぬくらい立派な部屋に

アップグレードしてくれることがあります。

 

こういうのは日本ではありえないですが、

チップ文化圏(金銭交渉当然)の国では

うまくいきやすいですし、

 

もちろん空きがなければ無理ですが、

空きがあれば、フロントスタッフの裁量で

何とでもなるホテルもあります。

 

事前のパック申込時に

部屋のアップグレードをすると、

6千円~1万円以上かかったりするので、

現地で、特に連泊の場合、試す価値はあります。

 

英語で一言投げ込むだけですから、

こういうホテルでのチップの使い方もアリですね。

 

なお、ホテルのルームキーパーやポーターに

チップをコインで渡すのはあまりよくないので、

5ディラハム札か1ドル札を多めに用意しておきましょう。

 

ポーターに渡そうと思って大きい札しかない時は

堂々とおつりをくれ、といってもかまいません。

 

例えば、20ディラハム札を渡して

”Give me back 10dhs,please”
でO.K.です。

 

チップは働いている人の労働環境では、

チップ見込みで給与体系が組まれていたりする場合もあり、

働いている側が、それががないと生活が厳しい

というレベルでやっている場合があったりするので、

 

100円~200円程度で、本当に喜んでくれるし、

その後のサービスも円滑に行われるので、

ある程度、意識して行ったらいいかと思いますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。