鮎ラーメン 二子玉川 閉店? このラーメンとシュンペーターの密な関係

03.082015

この記事は3分で読めます

こんばんは、コウです。

 

二子玉川に鮎ラーメンを出す、というか

鮎にこだわったラーメン屋があります。

 

だいぶん前にテレビで取り上げられて

話題になり、いろいろなラーメンフリークのブログに

登場していたりします。

 

私もいつか行きたいと思いながら、

行けてなくて、でも、ふっと思い出して、

年に何度か検索をかけています。

 

で、今回検索したら、

閉店というキーワードが出てきたので、

???!

 

「げっ、行けずじまいか?」

 

と思って、改めて考えてみました。

 

シュンペーターって経済学者、

ドラッカーほど日本では有名ではないのですが、

この人がイノベーションという言葉を

有名にした最初の人らしいです。

 

この人は、それは「新結合」だと

語っています。

 

「郵便馬車をいくら連続的に加えても、

それによってけっして鉄道をうることはできないであろう」

 

という言葉からも分かる通り、

 

異質なモノの結合で、

非連続的な変化を生む、

その変化が新しい多大な価値を生む、

これ、すなわちイノベーション、

 

ということです。

 

今はもう大分昔の話になってしまいましたが、

携帯電話が爆発的に普及したのは、

1990年代の半ば、

 

J-Phoneが、携帯電話に、

カメラ機能を結合させた商品を出したことからでした。

 

携帯電話+デジタルカメラ=大ヒット!

 

それが当たった場合、

その結合が異質(今まで想像できないもの同士)

であるほど、多くの市場を手に出来るということです。

 

トクホ(特保:健康にいいと認定)+コーラ

=メッツコーラ(脂肪を吸収しないコーラ)大ヒット!

(発売1年半で3億本でしたっけ!)

 

アルコール0%+ビール

=大ヒット!キリンフリー

 

こんな感じで世の中、新結合が

ヒットの鍵だったりします。

 

ユニクロ(服)+ビックカメラ(電気製品)

=ビックロ(開店時、3時間待ちの行列:双方の店のドル箱店)

 

で、この鮎ラーメンも

まだ、食べたことのない一男性(私のことです)の

脳みその中に年に数回想起されることが

実際起きていて、

 

他に同じような人がたくさんいて、

現に足を運ばせている、ということです。

 

「鮎ラーメンってあるの知ってる?」

 

と聞いたら、食べに行っても行かなくても

頭のどこかにずっと残ります。

 

鮎は、ふつうラーメンの中に入っていません。

それが丸々一匹入っているラーメンやつけ麺。

 

想像して、頭の中にフックがかかります。

少なくとも普通のラーメンのことを聞いた時よりは。

 

で、食べに行った人はほぼ必ず話題にします。

 

おいしくても、まずくても。

 

ここが大事で、おいしくても、

まずくても、どっちでもいいんです。

 

もちろん、まずいままだと

いずれ売れなくなりますが、

まずは話題になることが大事だ、という意味です。

 

どんなにおいしくても、話題にならなかったら

商売としては成り立たないので、道楽で続けるか、

つぶれて終わりです。

 

結果的に世の中に価値を与え続けられなかった、

という意味では、まずかった店と同じ道をたどっています。

 

たとえとしては不適切かもしれませんが

芸能人なんかも、スキャンダルでも何でもいいから

話題性を持った人が、

その内容のプラスマイナスよりも大事だったりします。

 

そのスキャンダルで話題になった事が

きっかけで、その後勝ちになることが多々あります。

それがいいことかどうかは別として。

 

これは法則なので、あなたにも

必ずあてはまります。

 

なので、自分の持っている

商品やサービス、売りに、

普通つけようとしないものを

付加して、何かできないかな、と

発想し続けると、何か起こります。

 

つけて違和感がありすぎのままだったら、

あまりヒットしませんが、

それがちゃんと結合されていれば

イノベーション(急激な変化)が起きえます。

 

考えてみたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

    • 森岡 久明
    • 2016.01.28

    閉店したのは双子玉川の鮎ラーメンでは無くて関西の葛葉モール店のようですよ。

      • Koo
      • 2016.03.02

      情報ありがとうございます。感謝です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。