高尾山の絶景ビヤガーデン 値段や予約など大混雑の攻略法2

04.082015

この記事は4分で読めます

こんばんは。コウです。

 

昨日は、高尾山で

毎年大人気のビヤガーデンの

値段や予約方法など、基本情報を書きました。

 

Sponsored Link

 

詳しくは昨日の記事を読んで頂ければ

お分かりかと思いますが、

 

とにかく、混みます。

混雑、大混雑が常態です。

 

週末の土日や夏のお盆の時期は

特にめちゃ込みで、

 

入場整理券配布は当たり前で、

それをゲットしても、2時間以上待って、

 

もらった番号が回ってこないまま

「今日は無理です」と入場を拒否られて終わり、

という事態もありえます。

 

なので、せっかくミシュラン三ツ星の高尾山に

行くのですから、

 

それに合わせて、その美しい景色を見ながら、

ビールを飲んだり、家族や仲間とワイワイ

楽しんだりできるように、

 

現時点で、私が最適だと思う攻略法を

紹介いたします。

 

【高尾山ビヤガーデン攻略法】

 

高尾山

引用元 http://www.mount-takao.com/beermount/

 

●日曜日より土曜日のほうが混む感じ。

 

●週末は混むので可能なら平日おすすめ。

●開場時に、並んでいる人が順番に人数分の料金を

支払ってから入場するため、入りきるまでに結構時間がかかる。

 

●整理券は満員にならないと配られない。

●席は客が勝手に決められるため、大人数の場合、 最初の開場時以外、
一か所に仲間でかたまって座るのが難しい(席は基本が4人席)。

●整理券をもらった人は2時間制の入れ替えをふまえて、

例えば14時30分の2時間後、16時30分以降から順番に入れるようになる。

 

●整理券は番号が振ってあり、「何番まで入場できます」というシステム。
その時間でないとダメということではないので、その時間以降であれば、

遅く入場してもかまわない。

 

●ただし、あまりに人が多いと、入場できないまま終了になるリスクあり。

●つまり、夜景を見ながら、という人は早い目に整理券を手に入れれば時間は調整できる。

 

●19時を過ぎると2時間制の関係もあり席に余裕が出てくる場合がある。
なので、攻略法としては、

 

思い切り早めの高尾山登山と組み合わせるか、

遅めの高尾山登山と組み合わせて夜景ゲット、

 

のどちらかがいいです。

 

※私は週末しかよく分からないので、

夏の週末ピーク時の13時開場パターンで書きますね。

 


Sponsored Link

 

———————————————————

【早めの登山とビヤガーデンパターン】

 

山登りを終えて12時15分ごろに

ビアガーデン会場について並ぶ。

※この時点で200~300人はいる。

 

開場と同時(20~30分はかかる)の

650人以内に滑り込んで、2時間楽しむ。

 

———————————————————

【遅めの登山とビヤガーデン+夜景パターン】

 

遅めの高尾山登山を計画して、

15時ぐらいにビヤガーデン会場に着く。

 

すると、この時間帯だと満席は

ほぼ間違いないので整理券をゲットする。

 

※注、これが16時以降になると、今度は

終了時刻まで満席のままが続く感じになって、

入場できる番号をもらえなくなるリスクがある。

 

高尾山の山頂に登ったり、散策したり、

で約2時間を過ごしてから、

再びビヤガーデン会場へ。

 

番号がOKの範囲内で、

その整理券番号で入場して

飲み放題、食べ放題を2時間

たっぷり楽しむ。

 

遅めに入場すれば夜景も見れる

時間帯に差し掛かってくる。

 

昨日の記事でもお伝えしたとおり、

 

多摩地区の花火大会の日と、

花火の開始時間を事前に調べて、

その時間を含む夜に入場できた場合、

 

夜景の中にとけこんでいる花火を

見上げるのではなく、

見下ろす形で眺められるという、

最高のシチュエーション(夜景)が手に入る。

 

———————————————————

【遅めの「変則チャレンジ」】

 

あと変則で、19時過ぎてから、

あえてチャレンジするというのもありかもしれません。

 

2時間以下の時間しか滞在できないため、

19時以降に入場しようとする

お客は極端に減ります。

 

制限時間1時間半とかでいいと

割り切れば、ありです。

 

この場合、夕方にふもとを出発の

登山でその時間帯に入れないリスク覚悟でチャレンジ、

で、ビヤガーデンに入れたらラッキー!

 

———————————————————-

こういうパターンです。

 

以上、3パターンの攻略法を書きました。

 

ケーブルカーの山頂駅から

徒歩6分ですので、往復ケーブルカー

で行けますが、

 

やはり高尾山、

 

行きは徒歩で登山して山頂を体験し、

心地よい疲れを感じつつ、

 

帰りにビヤガーデンに寄って、

とっても幸せな2時間を過ごして、

 

その幸せな気分を感じつつ、

ケーブルカーで楽に下山がおすすめです。

 

以上、昨日と今日でまとめました、

高尾山の絶景ビヤガーデンの値段や予約、

大混雑を乗り越える攻略法についてです。

 

現時点でのベストを書けたと思います。

 

※最新でルールが変わっていたり、

これ以上の良い方法があったら、

お気軽に教えて下さい。追記で増やしますので。

 

では、今回の記事が、

最後まで読んで頂いたあなたの

お役に少しでも立てたならば、とても嬉しいです。

 

コウでした。では、また明日!

 


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。