高尾山の絶景ビヤガーデン 値段や予約など大混雑の攻略法1

04.072015

この記事は3分で読めます

 

こんばんは。コウです。

 

昨日、

バーベキューの準備のコツについて

ワンポイントアドバイス的な

情報を書いたのですが、

 

それを書いた時に

思い出したことが一つありました。

 

過去私が家族で行って

とてもよかった場所のことです。

 

Sponsored Link

 

バーベキューではないのですが、

自然と景色を満喫できて、

バーベキューの準備がいらない場所で、

バーベキューのような雰囲気が味わえるところ、

 

今日はそのことを書きます。

 

【高尾山 ビアマウント】

 

「一度は行きたい、都内でちょっと変わったビヤガーデン10選」

でも一番最初に選ばれて、紹介されているところです。

 

6月下旬~10月上旬の期間限定開催、

飲み放題・食べ放題です。

 

ものすごい人気でいつも混雑していますが、

行ったことがない人はオススメ、

家族でのちょっとした旅行や思い出作りにもいいです。

 

「1000万ドルの夜景」とPRしていて、

どんだけ~!」と言いたくなりますが、

実際に夜景を見ると、けっこう感動します。

 

高尾山の夜景

 

高尾山の山頂は599m、

ビアマウントは500mですので

ほぼ頂上(言いすぎか…)。

 

奥秩父連山などの周辺の山々、八王子や立川の夜景が

一望の元に広がり、空気のおいしく、

気持ちよくビールも飲めて、飲み食べ放題、

家族でも、宴会でも、楽しめます。

 

とにかく、とても見晴らしがよく、スケールも大きいので、

ビヤガーデン風の騒がしさはもちろんありますが、

お祭り気分でとても楽しいです。

 

たこ焼きやかき氷などもあったりしますし。

 

※食べられる料理の内容については

毎年微妙に違う場合があるので

確認してくださいね。

 

ちなみに夜景で見渡せる多摩での花火大会の時は、

花火がどーんと広がる様子を見下ろすという、

普通の花火大会では見られない景色も体験できます。

 

「ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」(日本観光ガイド本)

で最高ランクのミシュラン☆☆☆(三つ星)に認定されたり、

(なんと山で他には富士山だけ!)
時々、TVの情報番組で紹介されていたりするので、

そういう意味でも、年々混雑度が増しています。

 

Sponsored Link

 

なので、高尾山登山のついでに、

ふっと思って立ち寄るレベルで行くと、

 

ものすごい行列、、、

かなりの時間を暑い中入場待ち、、、

入場整理券をもらってさらに待ち、、、

あるいは入場さえできない時、、、

 

があります。

 

実際、ホームページ上に

「週末は太陽が出ている時間でも席はもういっぱいです」

と記載されていたり、

 

夕方には高尾駅に「満員で今からでは入場できません」

との掲示が出てしまったり、京王線の電車のアナウンスでも

「満員です」と流れたりします。

 

なので、どうせ行くなら

ストレスなく行けますように

値段や予約なども含めて「攻略法」をお伝えします。

 

その1は、【開催期間や料金、予約など】

 

まず、開催期間ですが、

2014年は6月21日 〜 10月13日 が開催期間でした。

 

昔は9月末で終わりだったりしたのですが、

年々人気と共に期間が延びています。

 

高校生以上の男性 3500

高校生以上の女性 3300

中学生 2000円 小学生 1500

幼児 500

 

2時間制で飲み放題、食べ放題。

平日は退場時が2時間を超えて

30分ごとの延長料金一人500円

(18:30以降は一人1000円)

※土日祝日やお盆その他混雑時は延長不可。

 

予約は、(祝日およびお盆を除いて)平日のみ。

 

10名以上で予約可能。

ただし、8月は20名以上。

※実際の人数が下回った場合は

キャンセル扱い。

 

平日 15:00~21:00

土日祝日 14:30~21:00

650席

 

海の日にかかる週末の土日~9月15日あたりまでの土日

及びお盆の期間 13:00 ~21:00

 

開催期間中は無休:

屋根がある場所が多いので

雨が降っても大丈夫。

 

※正確にはお問い合わせ先(予約先)にお聞きください。

毎年、5月下旬くらいから受付が始まります。

 

042-665-9943(高尾山ビアマウント)

 

あと、もちろんソフトドリンク類もありますが、

ビアガーデンなので、ビールの種類が気になるところです。

 

アサヒスーパードライ、キリン一番搾り、

サントリープレミアムモルツ、ハイネケン、黒生、ハーフ&ハーフ

 

が飲めます。

 

ということで、少し眠くなってきたのもあり、

ボリュームも多いので、明日に続きます。

 

明日は高尾山ビヤガーデンの傾向と対策、

その攻略法について書きます。

 

では!コウでした。

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。