鎌倉のあじさい 時期はいつが良いのか?

03.232015

この記事は2分で読めます

コウです。

 

何度か訪れたことがある、6月~7月の鎌倉。

あじさいを見に行くなんて、

ある程度、年齢を重ねた証拠でしょうか。

 

Sponsored Link

 

その時の実感も踏まえて、

あじさいの見頃の時期やオススメ散策コースを

書いていきますね。

 

あじさいと寺

 

鎌倉のあじさいの見頃の時期でいうと、

6月初旬は、開花時期としては早すぎます。

 

鎌倉のあじさいの見頃の時期は、

毎年6月中旬から7月中旬、

特に6月15日~6月30日あたりが

最適な時期だとおおむね言えます。

 

ただ、あじさいの開花時期や見頃は、あてにくいです。

理由は、その年の気候変動で左右されるからです。

 

櫻の開花予想と同じですね。

 

なので、一番いい方法は時期が来たら、

鎌倉の見どころスポットのお寺などに

直接電話して、感じを聞いてみる事です。

 

【鎌倉のあじさい、二大散策コースと、その情報について】

 

【北鎌倉地域】

 

… どちらかなら、私は個人的にこちらをオススメします。

理由は、北鎌倉全体の雰囲気がとても良いからです。

 

長谷寺ほどは混雑しないので、週末ならこちらのほうが

気持ちよく周れると思います。

 

北鎌倉周辺のあじさいは、JR北鎌倉駅を起点に、

別名「あじさい寺」と呼ばれて、寺全域があじさいで埋まる明月院、

ここを中心スポットとして、鎌倉五山第二位の円覚寺、鎌倉五山第五位の浄智寺、

花の寺で有名な東慶寺などを巡って、JR鎌倉駅にたどり着く2~3時間の散策です。

 

明月院では,青や水色で統一されたあじさいを楽しむことができます。

 

JR北鎌倉駅→(1分)→円覚寺→(3分)→東慶寺→(5分)→浄智寺→(8分)

→明月院→(25分)→海蔵寺→(10分)→ 淨光明寺→小町通り→JR鎌倉駅  

              

 明月院

・TEL 0467-24-3437
・拝観料 300円
・拝観時間 9:00~16:00

 

※この散策コースを回るなら、各寺の拝観時間を考えて、

9時から15時の間で組むのがベストです。

※各寺毎に拝観料が100円~300円かかります。

 


Sponsored Link

 

【長谷地域】

 

長谷周辺のあじさいは、江ノ電長谷駅を起点に、

光則寺のあじさいから始まり、

2000本のあじさいが咲く長谷寺を中心スポットとして、

あじさい越しに由比ガ浜が見える成就院、

御霊神社や極楽寺のあじさいを巡る

2~3時間の散策です。

 

6月中旬から下旬のあじさい最盛期の、特に週末は大変混雑しますが、

長谷寺の十一面観音と一面のあじさいの美しさには感動します。

寺院の白壁にあじさいが映える、大変美しい境内になりますので。

 

江ノ電長谷駅→(15分)→光則寺→(10分)→長谷寺→(10分)→

御霊神社→(10分)→成就院→(5分)→極楽寺→(1分)→江ノ電極楽寺駅

長谷寺

・TEL 0467-22-6300
・拝観料 300円(小人100円)
・拝観時間 夏時間(3月~9月)
8:00~17:00
冬時間(10月~2月)
8:00~16:30

 

※この散策コースを回るなら、各寺の拝観時間を考えて、

9時から15時の間で組むのがベストです。

※各寺で拝観料が100円~300円かかります。かからないお寺もあります。

 

あじさいと光

 

今年も、よい、あじさい巡りの旅を迎えられますように。

そして、とても気持ちのいいひと時を過ごせますように。

 

行かれない方も、この記事で

気分を味わってもらえたら幸いです。

 


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。