痛風は尿酸値の下げ方よりも、老廃物の排除(痛風完治への道 経過編1)

03.182015

この記事は3分で読めます

コウです。

 

昨日の記事まででお伝えしたとおり、

 

尿酸の数値による、医者の処方の矛盾と

尿酸降下薬の副作用の問題から、

 

尿酸の下げ方に意識を向けるのではなく、

もっと根本の対処法を選択した私でした。

 

Sponsored Link

 

では、今日から5回にわたって、

「痛風克服 完治までの道のり 私の場合」

を「経過編」として書いていきます。

 

取り組みの実践は「官足法」の足踏板、

ウォークマットⅡに連続20分~30分

毎日乗り続けたことによる変化が中心です。

 

では、いってみましょう。

 

【1ヶ月目】

 

初日の激、激、激、激痛~!

ものすごい激痛が

足裏から脳天に突き抜けて、

普通に立つだけで、顔が苦悶でゆがみました。

 

足踏みまで行かない、、、

 

ちなみに、最初から裸足で取り組みました。

 

痛み緩和のための、タオル1枚敷きや

2枚敷きはしなかったです。

 

そのほうが効果が早く出るとの

経験者のアドバイスもあり、

自分もそう感じたためです。

 

もちろん、何かにつかまっていないと

痛くてとても立てなかったので、

 

椅子を前に置いて、椅子の背を

しっかりつかんで少しずつ手を離して、

 

体重のかかり具合をコントロールしつつ

乗り続ける努力を続けました(当時、体重80kg)。

 

(1週間目)

 

毎日20分を続けたところ、

3日目あたりに2日ほど下痢&黒い便が出ました。

 

2日目に出た後、半日ほど身体全体がスッキリしましたが、

翌日はまた、だる重い感じ(特に頭重感や頭痛)に戻りました。

 

最初の3日はそれこそ地獄の苦しみでしたが、
ちょうど1週間経ったころ、

乗ることに物凄い決意がいるような激痛はなくなり、

 

なんとか10分程(連続合計で30分)は

延長して乗れるくらいの痛さになりました。

 

逆に、足裏板から降りて、普通に歩いていると「足裏は痛い」状態。

 

この時期に、体験者にアドバイスをもらうと、

———————————————-

ウォークマットを始めた頃に

最初に変化することが多いのは腸で、

便が柔らかくなることが多い。

 

人によっては、日に何度も

トイレに行くことになったりもするが、

そういう状態はせいぜい1ケ月まで。

 

宿便が取れると毒素が減るので、

それで身体が楽に感じたのではないか。

———————————————–

こういう話でした。

 


Sponsored Link

 

「足踏板は乗って時間が経つほど、

後になればなるほど効果が上がる、

 

足がほぐれるまでの時間が10分、

そこから先は最大効果、という具合。

 

だから、10分で終わるのはもったいない乗り方。
1日1回で良いので時間を長くするのが正解だ。」

 

こういうアドバイスも、

もらったので、当初の理解通り、一日20分以上を

連続で行うことを再決意した次第です。

 

※あまりの痛さに分割乗り(5分×4回、朝、昼、夕、晩とか)

を考えていたのでしたが、それは止めました。

 

(2週目から3週目)
前の週と比べて、1週間あたりの

毎日1回連続の足踏み量は増え、

毎日欠かさず続けられていきました。

 

だいたい、一度に25分~30分くらい。

 

その間、足裏が激痛&腫れ上がっていることは

とても良い流れです、とアドバイス頂いたので、

安心しつつも、痛いのは物凄い苦痛。

 

足裏が常時痛いだけでなく、

 

→足のピリピリ感が強い、乗った後は少し柔らかいが、

それ以外の時間は足裏がかっちかちの状態である。

 

→右首筋がつって、寝違えの酷い状態が数日続いた。

 

→肩こりに関連して、両肩が常にパンパンに張っていてほぐれない。

 

→頭がダル重いのが増して、全てにおいてやる気が出ない

(不定愁訴やうつっぽい)状態が続く。

 

※こういう状態は、全て過去の体調不良の時に
体験した内容ばかりでしたので、

それらが一度に集中的に噴出していているようにも思いました。

 

(4週目)

 

ここ1週間は

足踏み以外、殆ど気力が出ず。

 

足踏み→白湯、食事。

 

食事の後は物凄く眠くなり、

仕事がない日はずっと寝たきり、で、

 

気持ちも殆ど鬱っぽい感じが続きました。

 

うつっぽい傾向に対しては、

親指の裏側を強く揉むことが、

反射区での対処法になるため、

 

そこを中心に別売りの棒でごりごり

押すと気分がよくなりました。

 

これは、長年の慢性の頭痛にも効果がありました。

 

私の場合、この時期に、

結石が腎臓から尿管に入って

ダブルの激痛にのたうちまわる日々になりました。

 

石はその後2週間ほどで出たのですが、

この間は、まさに、ザ・生き地獄!でした。

 

月の光の道

 

明日は、2~3ヶ月目の様子に突入です。

 


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。